読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミがいえばそれはそれは甘く。。。

ゆるくはじまるとあるヲタクの日々。

いちにちめ。

久しぶりにはじめようかと!
、、、はい。完璧にフォロワーさんの影響ですw

何にも起こらない日の方が多いのですが。
ゆっくりまったり行きましょうか。

とりあえずヲタク的なところから。

つい先日安井謙太郎さんに降りて三ヶ月経ちました。
早いね、三ヶ月...( = =)
相変わらず盲目のチョロヲタ炸裂でございます←

前の方(桐山さん)にこんなにでれてる事無かったので
今でも違和感ですw

でもね、楽しい!これが(笑)
現場行けなさすぎて干からびてるけど。

降りたことには後悔ありませぬ。

なんで降りたの?とかよく言われてたけど。
まぁだいたい気持ちが冷めた時に謙ちゃんの魅力に気づいたって
めっちゃ端折った説明をします。

実際は5年、応援してたからってのもあってとっても悩んだのです。
5年で積み重ねたものをリセットするのはとっても勇気が要りました。
お友達もリセットかな?
せっかくあっくんに覚えてもらっていたのにな。
とか悩みはいっぱい。
そしてジャニーズJrっていう今謙ちゃんが身を置いている世界に飛び込むのも勇気が要りました。
だから降りるって決めるのに三ヶ月もかかっちゃった(´・ω・`)
でも言葉も気持ちも整理が着くので
ここで書いておきます。

まず冷めた理由。
コンサートでの対応の変化。
それに伴って見えた照史の気持ちの変化。
についていけなくなった。
そして私の好きなところが変わってしまった。
が大きな理由。
私は色んなものを背負ってた大きな背中が好きでした。
優しい顔で心込めて歌ってる姿が好きでした。
約束を何年もかけて守ってくれたその気持ちが好きでした。
でもね、心込めて歌ってた姿はファンサを振りまく姿に変わって。
色々なものを背負って立ってた大きな背中は
いつしか自信のない、頼りない背中に見える様になってしまった。
約束はこれからどうなるか分からなかったけれど、
Jrの時の対応と今、どっちがかっこいいだろう?応援したいだろう?って
悩んで、考えてってしてたら応援する気持ちがなくなっていっちゃった。

そして、そんな時少クラで謙ちゃんを見たのです。
存在は前から知っていたけれど、こんなに素敵な人なのかって
気づいたのはここ最近。
笑顔とか綺麗なダンスとか
まっすぐ前を見る目とか
たくさん魅力があった。
でも一番を上げるなら
ハキハキと自分の言いたいことを言う姿
それと安井謙太郎っていうモノサシをきちんと持ってる姿かな?
周りの雰囲気じゃなくて自分がどう感じるか。
そのモノサシを持っているまっすぐな姿。
これが一番の魅力に見えました。

正直、安井謙太郎京本大我で悩んでた時もありました。
でも最後は謙ちゃんで、降りようかと考え始めたのは6月頃のこと。
そこからまた
Jrっていう世界に飛び込むことを悩んでました。
幕が開けば誰か居ないのかもしれない。
照史の時は辞めずにいてくれたけど
謙ちゃんはどうだろうか、、とか
思い出すのは関ジュを見ていた頃のトラウマ。
めっちゃ怖った。
でもよく良く考えたら
関ジュ担の時、私幸せだったじゃないの。
覚悟もって誇り持って応援出来てたじゃないの。
最後は笑えたでしょう?
と、、、
そんなことを思えたのは
きっとちゃんと見れていたからなのかな、と自惚れつつ、
最後は友達に言われた
「結局は勢いだよ、」の一言。
これか一番響きました(笑)
ああそうか。と。
今まで照史に本気で向き合ってきたつもりだから、
ここで中途半端にしたくなかって、
だからきちんとケジメを付けなきゃって
他に一番な人がいるのに照史を担当のままにするのは照史にも他の照史担にも失礼じゃないか、と

最後にできることはきちんと照史にありがとうって気持ちをもって離れることでは?と
そうおもって謙ちゃんに降りたわけです。

これからは謙ちゃんにちゃんと向き合いたいと思ったから。

降りて寂しいって言ってくれたお友達。
降りて来て嬉しいって言ってくれたお友達。
降りて気づいたのは
照史と積み重ねたものはゼロになる。
でも照史担として積み重ねたお友達との関係は
ゼロにはならないってことでした。
結局は勢いと背中押してくれた阿部ちゃん担のお友達。
桐山の子が安井の子になってくれたって
歓迎してくれて、いっぱいいっぱい助けてくれてる岸くんの子。
安井担であることを受け入れてくれてる前からのお友達。
私の周りにはたくさんいるじゃないの!❤︎
と。
気づいた時に有難いなってほんとに思いました。
ありがとう。

そして安井に降りて仲良くなれた子。
安井ゆきちを受け入れてくれてる子。
にも有難いなって
右も左も分からないド新規だけど
それでも話しかけてくれて、絡んでくれて
ありがとうしか今は言えないのです。

当たり前じゃない優しさがいっぱいで。
改めて降りて良かったなって
思った三ヶ月でした。

とつらつら担降りというものについて。
書いてみたけれど、、、

これからも安井ゆきち、よろしくお願いします。❤︎
今絡んでくれてるフォロワーさん大好きです♡